最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

ヘッドライトの使い方とその選択方法

運転は輸送の最も一般的な手段です。それは、統計によると、毎年130万人を超える人々が道路上の人生を失っているため、最も事故になりやすいという意味です。これらの統計は恐ろしいものです。しかし、適切な運転技術と安全機能のインストールで、あなたは安全に目的地に着くことができます。高品質のヘッドライトを設置することは、道路に安全に滞在できる1つの方法です。

 

夜間に道路に交通量が60%少なくなっているにもかかわらず、暗闇の中で最大40%の交通事故が発生します。夜間の事故につながる要因は数多くあり、視界の悪さは間違いなくその一つです。あなたが夜に運転している場合、特に機能が良好なヘッドライトを持つことは非常に重要です。ヘッドライトが事故の発生確率を減らすうえで果たしている非常に重要な役割とは別に、次のことにも役立ちます。

*ヘッドライトを取り付けないで運転したり、ヘッドライトが故障したりすることによって生じる恐れのある大量のチケットは避けてください。

*道路上の他のドライバーに警告して通知します。

*道路標識を含むあなたの周りのものをよりよく見えるように光を提供します。

 

耐久性を確保するだけでなく、これらの安全機能の高性能を保証するために、高品質のヘッドライト電球を設置することが重要です。ヘッドライトを選択する際に考慮する必要があるいくつかの点を以下に示します。

1.明るさ/ワット数

買い物をしている間は、自動車メーカーの定格電力に一致するヘッドライトを選択することをお勧めします。メーカーのワット数が限られていると感じる場合は、いくつかのワイヤーを切断してより明るいヘッドライトを取り付けておくことができます。ただし、保証の無効化を意味します。明るいヘッドライトは夜間の視認性を高めます。しかし、明るいヘッドライトは高性能のために寿命が限られているという事実に加えて、ヘッドライトは相手方よりも高価です。あなたは、価格を見落とすことなく、その機能性に重点を置くことを望んでいるかどうかを確実に検討する必要があります。あなたの安全には決して価格をつけることはできません。

 

2.ヘッドライト継手

ハロゲンヘッドライトは様々な付属品が付属しています。どのタイプの電球があなたの車に適合しているかを知るべきです。あなたの車のマニュアルを使用することによって、正確に一致する電球の種類を把握することができます。

 

3.ヘッドライトバルブの明るい色温度

電球によって放射される光の色は、ケルビン(K)単位で測定される色温度の量に依存する。色温度が3000K3400Kの球根は黄色がかって見える傾向があります。黄色を帯びたヘッドライト電球は、雨や霧の中でより良い視認性を提供します。ケルビン評価が高いヘッドライトバルブは白色光を放射し、プレミアムな外観とみなされます。白いヘッドライトバルブは、鮮明で高精細な表示を提供し、道路標識の詳細を選択できるようにすることで周辺の視界を簡単にします。ケルビン評価が4500を超えるヘッドライトバルブは、通常、ほとんどの国では青緑色を呈し、違法とみなされます。 3500K4400Kの間にあるヘッドライトの球根のために行くことによって、寿命と明るい色温度のバランスをとることがお勧めです。

 

上記を念頭において、優れた運転技術を身につけているなら、あなたは確実にあなたの目的地に安全に着きます。