最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

OnePlus 6公式発表!フラッグシップレベルのスペックとより高くなる価格

 前代のOnePlus 5Tの発表からもはや半年なった。このグローバルにだんだん人気を集めった中国スマホメーカーも最新のフラッグシップスマホ――OnePlus 6を公式発表しました。

 

スペック  

ブランド OnePlus

モデル 6

OS Android 8.1 

SoC Snapdragon 845 2.8GHzオクタコア

GPU Adreno 630

メモリ LPDDR4X 6GB/8GB

ストレージ 64GB/128GB/256GB 

ディスプレイ 6.28インチ 19:9 2280*1080P Optic AMOLED 

フロントカメラ 1600万画素 IMX371 ƒ/2.0 EIS手振れ防止   

リアカメラ メイン:1600万画素 IMX519 ƒ/1.7 OIS&EIS手振れ防止

サプ: 2000万画素 IMX376K ƒ/1.7

スローモーションビデオ撮影サポート

バッテリー 内蔵3360mAh  Cold mCharge 20W

重量 177g

サイズ 155.7*75.4*7.75mm


良かった

高コスパなハイスペック

フラッグシップ機種専門のOnePlus今回も例外ではなく、OnePlus 6SoCSnapdragon 845RAM6GB/8GB2モデル、現下の最上位配置となった。お手頃な6GB+64GBバージョンでは529ドル(約58000円)と、他社のハイエンドと比較すると一貫的な高コスパな印象。ただし、自社の製品にしては高価かもしれません。(参考として、半年前に発表されたOnePlus 5T 6GB+64GBモデルは499ドルとなった。)

 

もはやリークしたデザイン

OnePlus 6のディスプレイは6.28インチのAMOLEDを採用、解像度は2280*1080。噂されたとおり画面上部にはセンサー群やフロントカメラを収められた「ノッチ」(切り欠き)があります。

CEOの劉氏がおしゃたとおり、OnePlus 6は「スーツ暴徒」だ。ハイスペックだけでなく、外観でも細かいところまで精一杯して、よりいい体験を狙った。OnePlus 6の背面はGorila Glass 5を採用したガラスバックとなりました。カラーはMirror BlackMidnight BlackSilk White3色展開。業界最初で五層の印刷工芸を採用して、見た目も手触りの体験も一層になるようです。

 

優れたカメラ機能

母社のOPPO R15のデザインと似てすぎだと非難されたOnePlus 5Tの経験から教訓を得て、OnePlus 6のカメラは背後の中上部に設置された。意外としても、ディスプレイに内蔵した指紋認証技術は投入しなかった。そして、指紋認証はカメラの下に置いた。

リアカメラは1600万画素 + 2000万画素のデュアルカメラ。どちらもf/1.7と明るいレンズを採用しています。ビデオ撮影では、60fps4K撮影にも対応。なお、フロントカメラは1600万画素で、f値は2.0です。

 

グローバル化の対応バンド

FDD LTE1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/32/66/71TDD LTE34/38 / 39/40/41

気になる二点

  バッテリー容量は3300mAhで残念ながら、ガラスバックも採用したが、ワイヤレス充電には非対応

ノッチのデザインは理解しできますが、下のべぜルはちょっと残念

 

海外で価格は6GB/64GB529ドル(Mirror Blackのみ)、8GB/256GB629ドル(Midnight Blackのみ)、8GB/128GB579ドル(3色すべて)となっています。発売は522日予定。