最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

DJI spark ――生活に新鮮感をもたらす

  DJIは最近、日本の建設会社であるコマツが買収した数え切れないほどの数の無人機でこのニュースを打ちました。 DJIが愛好家や愛好家のためのガジェットとして最初に始まったとき、未来は明るいです。現在、産業界はDJIとその質と革新を提供する能力に注目しています。 UAV業界では、DJIが全世界で販売されているドローンの約70%の市場シェアを占めています。 DJIは最先端の技術と高品質の構造を備えていますので、世界中の無人機の愛好者に人気があります。

 

  ミニ・ドローン・セグメントでは、DJIのトップセラー・モデルの1つがDJI Spark 2KM FPVです。 300gの重さで、DJI Sparkには多くのライバルがいません。小型でコンパクトで、手間のかからずに簡単に袋に入れられます。トップノッチのデザイン、カラー、ビルドの品質は、ハードコアの冒険家、旅行者、アスリート、時には趣味の人にも最適です。

 

カメラ

  dji sparkのカメラは、1 / 2.3 "CMOSセンサーを搭載した高性能獣です。仕様には、f / 2.6ワイドアングルレンズ、焦点距離23mm12MPがあります。スパークで撮影された結果の画像は、利用可能な多くのモードの助けを借りて良好です。 2軸メカニカルジンバルは、UltraSmoothテクノロジーと一緒に、写真が鮮明に見えるようにします。スパークを使用すると、複数の撮影モードと、パノラマのようなパノラマを撮影する2つの新しい撮影モードと、3Dアプリケーションの被写界深度を作成する浅い焦点が得られます。ビデオの設定は、1080 / 30pで制限されています。これは、サイズを考慮して熱心なビデオ作家にとって十分です。 Sparkには2キロのHD Wi-Fiビデオ送信機能があり、720pビデオを携帯電話に送信することができます。

 

スマートな飛行モード

  Sparkには直感的な飛行モードが用意されており、QuickShotActiveTrackTapFlyGestureなどの写真やビデオを撮影する際に無人機を簡単に動かすことができます。クイックショットには興味深い角度を自動的に取るフライト設定がプリセットされていますActiveTrackはオブジェクトをインテリジェントに識別し、速度を決定します。 TapFlyを使用すると、ドローンが従う撮影場所を積極的に選択できます。面白いと分かっているFaceAwareは、あなたの顔を認識し、電源を入れてから15秒以内に手のひらを持ち上げます。それに加えて、3つのフライトコントロールが付属しています。ユニークな新機能のジェスチャーコントロールで、ユーザーは手ジェスチャーを使用して自信を取り、後ろから後を追うコマンドを入力できます。

 

  スマートフォンコントロールを使用すると、100mの動作半径でスマートフォンをリンクできます。オプションの手動リモコンは明らかに最高です。より広い範囲とより良いナビゲーションが可能です。 2軸機械式ジンバルは安定したピッチとロールをもたらし、コントローラの安定性を高めます。

 

  推進システムは非常に強力で、50 kphの最高速度に達するための空力設計と相まって、スポーツモードでは強い風にも安定して飛ぶことができます。 FPVの飛行モードとペアになって、一対のDJIゴーグルが臨場感あふれる体験を演出します。 Flight Autonomyシステムは、30m離れた障害物を検知しながら安全に着陸することができる視覚的位置決めシステムを使用して無人機を正確にホバリングするのに役立ちます。

 

 

電池

  DJI Sparkのサイズははるかに小さいため、フル充電された1480mAhのバッテリーでは16分の飛行時間があります。それはたくさんのようには見えないかもしれませんが、サイズのトレードオフのためには、それに相当な価値があります。スマートフォンに残っているバッテリの残量を追跡して、着陸を先に計画することもできます。

 

まとめ

  DJI Sparkは、同社の最も革新的な製品の1つで、小型で直感的な操作で無限の可能性を秘めています。広範囲にわたる魅力は、ユーザーがDJIでどのくらいの信頼を持っているかを示し、最先端の技術と最先端技術がこの小さなマシンに組み込まれています。他のモデルで得られるハイエンドの特徴のいくつかは、Sparkでは利用できないかもしれませんが、それを補うものよりも小さいサイズがあります。小さなサイズ、手頃な価格、使いやすさを忘れないでください。飛行機に乗って飛行機に乗って飛行機に乗って飛行機に乗って飛行機に乗りたい人には、飛行機に乗って飛ぶことができます。私はポケットに入るドローンが私のゴールドスタンダードだと思う。