最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

6080mAh大電量・6インチ高質ディスプレイ・OREOシステム搭載予定――219.99ドルで買えるって超す~げのUlefone Power 3 !

  久しぶりのスマホスペックチェックですね。今回の主人公は先月発売されたUlefone Power 3 です。それは中華スマホメーカーUlefone社のバッテリー長持ちとアピールされた人気な「Powerシリーズ」の第三世代モデルになります。2017年は間違いなく「べぜルレス」スマホの出番です。ハイスペック・高質ディスプレイ・優れた撮影機能に力を入れたフラッグシップ端末はいっぱい。しかしその中、どうやら残念な点はたぶん「電池持ち」ということです。前にご紹介になったOneplus 5Tも、アンドロイドには最高と言われたSamsung S8/S8+も、3000mAh弱のバッテリー搭載、快速充電が対応しているけど、長い時間の外出ならなんか不安。

  では、さっそくUlefone Power 3 のスペックを一緒にチェックして、その魅力を見つけましょう。


スペック


メリット

  • 金属筐体と洗練なべぜルレスデザイン

  6インチの縦長ディスプレイで解像度は2160*1080のフルHD+。ゴリラガラスを採用、耐久性と抵抗性良い。画面占有率は90.8%もあります。背面はデュアルカメラと指紋認証を並列デザイン、またマットな質感で、もち心地はかなりいいです。


  • 超大容量バッテリーを搭載、「通常使用で4日」って豪語

  注目されたバッテリーは、6080mAh。通常のスマホは3000mAh程度ですからほぼ2倍。最近のスマホは省電力性能を高めることに力を入れるに対して、Ulefone Power 3 は単純に超大容量バッテリーを搭載して、実際駆動時間を伸ばすことを実現した。そのかわり、本体の重量も普通スマホと比べて210gと重いのがデメリットですが、パワーバンクと一緒に持ち運ぶより、総重量はもちろん軽減になった。メーカーには「通常使用で4日」という豪語までしています。


  • フロントもリアもダブルレンズカメラを採用した

  Ulefone Power 3 はリアカメラだけでなく、フロントカメラにもダブルレンズを採用することで背景をぼかして被写体を際立たせる撮影が気軽に楽しめることになった。


  • Type-cを採用、急速充電に対応

  Ulefone Power 3 は超急速充電に対応しています。五分充電するだけで2時間分、30分充電するだけで一日は持つほど充電が可能。6080mAhモノ超大容量電池でもたった2時間でフル充電が出来上がる、本物の急速充電に対応しています。


  • トレントな機能はいっぱい

1.Ulefone Power 3 は高速な指紋認証以外に顔認証が使える。
2.流行りの18:9ディスプレイを採用。
3.HiFiチップ搭載、音楽クオリティーが高い。

4.アンドロイド8.1を搭載予定


デメリット/不足点
1.SoCはMediaTek P23シリーズで、メーカーからかなり高性能とアピールしたが、チップ型番は通常に知っているMT6763Tではなく、MediaTek P23ファミリーの中で低クロック版となるMT6763Vという型番だった。Antutuスコアによる、MT6763Tは約7万点の総合点数を得て、MT6763Vはただ5万点弱でした。性能に対して大期待より、がっかりした気持ちはいっぱい。


2.大容量バッテリーを搭載したため、210gの重さになって、厚めも9.85mmがあり、女性にはちょっと不友好。


まとめ
  SoCにはちょっとがっかりしたけど、スペックチェックして、それにわずか2.5万円の価格なら、かなり高コスパな端末と言ってもいい。価格のためいくつ妥協した点もあるけど、総合的見れば検討する価値は高いだと思います。


購入法
  海外通販サイトを経由すれば、のみ$219.99で買える。1月29日から2月5日まで一週間に100台限定セールで、さっそくチェックしましょう。