最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

DJI、新作Mavic Airを発表

  1月25日ニューヨークにて発表されたDJI製4kビデオを撮れる折り畳み式DJIドローンMavic Airはその超強なスペックに注目を集めた。技術とデザインを集結させたマスターピースであるMavic Airは、私たちを未知なる領域へと連れ出してくれます。Mavicシリーズの最高の遺伝子を継承するMavic Airは、無限の探究心を満たすハイエンドな飛行性能と機能性を備え、究極の携帯性を実現した折りたたみ式ドローンです。

1

  Mavic Airは、メカニカル3軸ジンバルが本体に格納され、DJI史上最も優れた携帯性を誇るドローンとなっています。ジンバルの角度ぶれ範囲も0.005°まで抑えられています。ジンバルの衝撃吸収部は三方に配置されており、抜群に安定性のある撮影を実現します。1080p/120fpsのスローモーション動画撮影に対応、超高画質Ultra HDで毎秒100 Mbpsで記録する4K/30fps動画撮影も実現。

2

  DJI Mavic Airのアームは、空気力学の観点から徹底的に考え抜き、極力無駄を取り除いた設計で、折りたたむと本体にぴったりと収まります。マグネシウム合金製ブラケットが7つの搭載カメラ(センサーカメラ含む)を保護。メインのジンバルカメラ部分は本体でカバーされた構造なので、直接的なダメージから保護されます。また、後方の通気口からは効率的に熱が放散されます。

3

  折りたたむとスマートフォンほどの縦横サイズになるMavic Airは、極めて優れた携帯性を誇ります。しかし、そのコンパクトさからは想像できないほどの多彩な可能性を持っています。専用送信機もスマートフォンホルダー搭載の薄型折りたたみ式。人間工学にもとづいた使いやすい構造設計となっています。コントロールスティックは着脱可能なので、持ち運びの際に邪魔になりません。

  アクティブトラック・クイックショット・スマートキャプチャー・タップフライなど直感的な操作性を感じられる飛行・撮影モードができ、手軽に空撮りの楽しみを最大化。

4

  Mavic Airインテリジェットフライトバッテリーには、高密度リチウムバッテリーを使用しており、最大飛行時間21分を実現。最高速度68.4km/hができ、日本ではのみ2.4GHz周波数帯使用可能で、最大動画伝送距離も2kmに達した。

  とにかく、予算が十分の初心者には、特に本気で空撮り始めたく高質な写真と動画が好きな方には大推薦!