最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

Xiaomi VRplay 2スマホVRゴーグルレビュー

  2016年のホットワードの一つとして、VRVirtual Reality )はガジェットファンの注目を集めています。多くのメーカーが独自のVRデバイスを発表しており、中華大手メーカーのxiaomiも勿論です。 昨年の後半、Xiaomi VRゴーグルの公式バージョンとPlayバージョンをもたらしましたが、Playバージョンがなかなか消費者を満たせなかった。アップグレードとして、今年の410Xiaomiは公式的に「VR PLAY2ゴーグル」を発売しました。

  今度はこののみ99元(約1680円)で発行したVR Play2 ゴーグルについて、仕様・いいところ・イマイチをチェックしましょう。

  

  仕様

 

ブランド

Xiaomi

素材

表:新型PBT素材

サイズ

191*129*102mm

重さ

183g

レンズ素材

樹脂非球面ミラー

レンズFOV

93°

対応画面サイズ

4.7-5.7インチ

瞳孔間距離/物体距離

62mm/45mm

画面解像度

1080P以上が最適

 

 

いいところ

  • 3000円以下で低価格
  • PBT素材を使用して、軽量で耐久性良くなり、快適性も高めた
  • 開放式スマホホルダー、4.7-5.7インチのスマホを支持して、適用性が広くなり、アクセスが便利。それに、スマホの電源ボタンや音量ボタンが干渉しない。
  • 取り出し可能なフォーム、調整もクリーニングも便利
  • 人体工学デザインで、通気孔が多くて、着用体験良くなり

 

イマイチ

  • 独立モーションセンサーなく
  • リモートコントローラなく、ゲームより映画の鑑賞がもっと適切
  • 被写体距離が調整しできなくて、近視・遠視・散光の人には不適応

 

まとめ

  VRメガネとして、残念なところはちょっと多いだが、価格を考えならば、VR初心者にはいいだと思います。

 

 

購入法

  中華大手ECサイトbanggood.comを経由して、$22.99(約2643円)で入手できる。興味があれば、Xiaomi VRplay 2の正式バージョン「Xiaomi VR」もおすすめです。でも適応機種はmi 5, mi 5s, mi 5s plus, Xiaomi Note 2mi 6だけで、ご注意してください。