最新ガジェット情報とレビューを定期的に更新します!フォローしてくれば喜び!

2018年に最も人気のあるスマートフォンアクセサリ

  現在、スマートフォンにはさまざまな機能が満載されていますが、多くの機能が電話に搭載されていますが、アクセサリを使用するとデバイスをさらに改善することができます。今日は一緒に実用性一流・コスパまで高いのアクセサリをチェックしましょう。

 

多機能パワーバンク

  現今社会には最悪の経験の一つは、誰かと約束があって、会いに行っている途中にバッテリー切れになったことだ。そんな時には、多機能パワーバンがあれば、いつでもバッテリー切れのを心配になることはありません。多機能パワーバンクなら一回のフル充電でスマートフォンを四回充電することができる。大電量と耐久性良くの点だけでなく、よく持っているから、重量も気になるべきだ。

3d44a00d-20e4-4cfa-8f8b-9071aabe903d

VRメガネ

  VRメガネを利用して、ただスマホ一台で、別の世界に没頭して、サメと一緒に泳ぐ、映画を見み、ゲームも臨場感高くてプレイすることができる。サムスンギアVRメガネが作業最高のVRメガネの一つである場所に飛ぶことができ幅広い種類のスマートフォンを提供し、モバイルVRゲームの中で最も優れたものをいくつか提供しています。顔の形状に非常によく合い、手の位置と場所を追跡するコントローラを備えています。

1472025835_2

Samsungデスクトップ充電器

  卓上充電器をお探しなら、サムスンのデスクトップの充電器をおすすめ。非常にセットアップできで、ずいぶん便利です。スマホをそこに置くと自動的にチャージスタート。ケーブルを取り出す手間は不要で、快適で充電完了。ケーブルなし、卓上にも綺麗になって、気持ちも楽々。

6e01ea23-e75f-4a2d-b273-289ea588c8da

有線スマホキーボード

  スマホの機能がだんだん増えている昨今には、それとコンピューターとの違いはたぶん快適にタイプ体験を提供するキーボードだと思う。ありがたいことに、スマホ対応の実用的なキーボードを発売されているメーカーもそれほど増えています。キーボードと接続して、入力スピードまた指触りも一層アップで、仕事の効率まで上げます。

QQ截图20180117144941

まとめ

  高質なスマホを持っている以上、さらに高質なスマホアクセサリーが必要です。多様なアクセサリーと組み合わせて、スマホが私たちの日常生活に持ってきた快適さと便利さも一層増えてきた。だから、ハイクオリティーのスマホなら、さっそく高性能で便利なアクセサリを買って、もっと楽な使用体験を得るように!

10.1インチ高質ディスプレイ・指紋認証・高画素カメラを搭載したTeclast T10のレビュー

  昨日、ちょっとChuwiの新作ゲーミングタブレットのHi9とTeclast T8を対照して、T8のスペックをチェックしてみた。価格を見れば、「ただ2000円ぐらいの差があって、同時に発売されたTeclast T10はどうですか」と気になる人もあると考えて、今日はそのお兄貴のようなT10を一緒にチェックしてみましょう。
  同時発売の端末だから、デザインはほぼ同じく、処理性能も十分なミドルハイスペックです。二つの端末を対照して、スペックをチェック。


スペック


良かった

  • 上品なデザインと高質ディスプレイ

  Teclast T10のデザインはT8と同じくフルメタルユニボディで、精密なブラスト加工技術とCNCダイヤカット技術で処理した背面とエッジは高級感満載。ラウンドしたボディで触り心地よく、持ちやすくになった。またシャープ製のFHD 2K高解像度パネルを搭載、OGSも対応し、緻密な細部までの描写、美しい鮮やかなカラーを再現することができる。言いがいがあるのは、T8より0.2mmが薄くことだ。


  • 高性能CPU/GPUと大容量RAM/ROM

  Teclast T10もXiaomi MiPad 3と同じく、MediaTek MTK8176を採用されて、前にご紹介になったChuwi Hi9より性能が高くで、十分なミドルレンジです。4GB RAMでアプリの転換は速く、また複数のアプリが同時起動でも効率が高める。64GB大容量のストレージと128GB外部拡張のTFカードをサポート、気にせず音楽、映画い、ゲームなどを思う存分ストールできます。Antutuスコアでは8万点を超えて、普段日本では4、5万円で売られる非常に性能の高いモデルで、この点に見れば、すごくハイコスパです。


  • 高解像度なデュアルカメラを搭載

  (はい、間違いなくctrl+c、ctrl+vです)流行りなデュアルカメラデザインを採用し、フロントは13万画素とインテリジェントビューティーカメラで自撮りが上手、リア8万画素とF2大口径を組み合わせて、タブレットとしてカメラ機能はなかなか高い。


  • 大容量バッテリーと快速充電対応

  体積を応じで、8100mAh大容量バッテリーを搭載し、節電な電源コントロール方案で、一回のフル充電で最大8時間連続使用可能。9V2A高速充電を対応して、フル充電なら長い時間をかかることも心配不要。ゲームや映画視聴をお楽に。


イマイチ
  意外にType-Cポートを配置しなく、Micro USBポートで、互換性はちょっとT8より下がります。


まとめ
  Teclast T10は約2.5万円という価格でありながらAnTuTuスコアでは8万点を超える非常に性能の高い端末です。超高解像度の美しいディスプレイや使い勝手の良い指紋認証機能、高質な1300MPカメラを搭載するなどスペックにも価格以上の仕上がりです。日本では4、5万円もかかる高性能端末で、中華製ならでは超高コスパで安くて買える。ハイコスパで高性能な端末が欲しい方は是非Teclast T10をご検討することをおすすめます。


購入法
  アマゾンから買えば、どうやら3万円以上をかかる。だから、低価な海外通販サイトをおすすめです。Banggoodでは、1月14日から22日まで一週間限定セールで、のみ219.99ドルで買える。約25100円で、お買い得感抜群。ぜひチェックしてみましょう。

指紋認証・13MPカメラ・フルメタルユニボディ――満足度の高いTeclast T8ゲーミングタブレットのレビュー

  先月には、Chuwi Hi8の後継機として、Chuwi Hi9をご紹介した。今回の主人公は同じくハイコスパなゲーミングタブレットの名を狙って、昨年7月にすでに発売したTeclast T8です。


スペック


良かった

  • 上品なデザインと高質ディスプレイ

  Teclast T8のデザインは珍しくフルメタルユニボディで高級感満載。精密なブラスト加工技術とCNCダイヤカット技術で処理した背面とエッジは見た目が美しく、ラウンドしたボディで持ちやすくになった。また日本のJDI製のFHD 2K高解像度パネルを搭載、OGSも対応し、緻密な細部までの描写、美しい鮮やかなカラーを再現することができる。


  • 高性能CPU/GPUと大容量RAM/ROM

  Teclast T8はXiaomi MiPad 3と同じく、MediaTek MTK8176を採用されて、前にご紹介になったChuwi Hi9より性能が高くで、十分なミドルレンジです。4GB RAMでアプリの転換は速く、また複数のアプリが同時起動でも効率が高める。64GB大容量のストレージと128GB外部拡張のTFカードをサポート、気にせず音楽、映画い、ゲームなどを思う存分ストールできます。タブレットとしては充分だといってもいい。


  • 高解像度なデュアルカメラを搭載

  流行りなデュアルカメラデザインを採用し、フロントは13万画素とインテリジェントビューティーカメラで自撮りが上手、リア8万画素とF2大口径を組み合わせて、タブレットとしてカメラ機能はなかなか高い。


  • 大容量バッテリーと快速充電対応

  T8は5400mAh大容量バッテリーを搭載し、節電な電源コントロール方案で、一回のフル充電で最大8時間連続使用可能。Type-C高速充電で、フル充電なら長い時間をかかることも心配不要。ゲームや映画視聴をお楽に。


イマイチ
  気になるのは、二つのスピーカーは縦持ち場合ではなかなかいい感じで、動画を見るときに横持ちにすると、左右どちらかから聞こえるだけになったこと。


まとめ
  スペックから見れば、Chuwi Hi9より個人的にはこのTeclast T8がおすすめます。価格は約$30の差で、相対的にはカメラもCPUも上がりで、お買い得だと思う。Antutuによれば、約2000点の差で、実の使用にはあんまり感じられないのが、自分のご用に見合わせて、選択すればいいです。(だけど…Hi9はMTK8173なんで、本当に残念…)


購入法
  気になる価格は、banggood.comでChuwi Hi9は$179.99(約20538円)でプリセール中。Teclast T8は$204.59(約23345円)で在庫あり、アマゾンと比べて、約4500円の差もあり、お買い得感が高い。だが、海外通販サイトで、価格と在庫量の変化が激しくて、気に入るならさっそくチェックしてみましょう。

パワフルな上品腕時計型スマホ――激安LEMFO LEM5 PROスマートウォッチのレビュー

  2年ほど前に、スマートウォッチが市場に回り始まった。その時は基本的な機能だけを搭載して、アップルの「Apple Watch」とGoogleの腕時計端末向けOS「Android Wear」を搭載したスマートウォッチで、消費者にとって、選択肢はあんまり多くない。
現在では、時計メーカーも含め多くのメーカーがスマートウォッチを発売してきた、種類も機能もますます多くになって、市場はだいぶ盛り上がりました。
  今回ご紹介になったのは中華製メーカーの一つLEMFOからのLEM5 PROです。その魅力とスペックを一緒にチェックしてみましょう。



スペック



魅力点

  • OLED大画面、マルチタッチ対応

  LEMFO LEM5 PROは1.39インチ丸型大画面を搭載、マルチタッチ対応で、メールの確認は便利です。


  • 高質SoCと大容量ストレージのおかげで、アプリのダウンロードはご自由に

  LEM5 PROはMediaTek からのMTK6580 CPUを搭載、2GB RAM/16GB ROMを配置して、それにGoogle Store対応で、好きなアプリをご自由にダウンロードしてもいい。


  • 日常には十分な配置

  iOS8.0またはAndroid 5.0以上のスマホなとと接続対応できるので、スマホ側のお知らせとか電話が入ったことを振動・音声で通知することができ、nano SIMカードを入れると、単体で通信することも対応。IP55の生活防水機能で、水泳などは対応不可ですけど、雨や手を洗う時の水しぶきぐらいなら、心配不要。日本語も対応(メーカーと確認済み)し、英語苦手でも遠慮なくていい。


  • なかなか魅了的なボーナス機能

  日常生活だけでなく、心拍計とGPS機能も対応し戸外活動にもなかなか便利。音楽を時計にストールしてBluetoothでワイヤレスヘッドセットとつながると、重いのスマホなし運動の快適さも倍増。



イマイチ

  • カメラなし
  • 対応周波数はB1だけで、DOCOMOとSoftbankだけ一致する。ご注意にしてください。



購入法
  海外通販サイトbanggood.comを経由して、のみ$118.99で買える。約13593円で、アマゾンと比べれば半分以上安くなり、お買い得感いっぱい。送料無料で、余計なコストもご心配なく。気に入るなら、さっそくチェックしてみましょう。

DJIの新作トイドローン「Tello」が予約受付開始!200g以下で航空法対象外!

  中国のドローンメーカー最大手DJIが200g以下で$99台のトイドローンTelloを発売させた。厳密的には、中国のRyze Tech社がDJIとIntelの技術基盤を活用して、米ラスベガスで、現地時間の1月9日から開催される「CES 2018」に合わせて、Telloを発表された。
  約半年ほど前に、DJIから航空法対象外の小型ドローンを発売されると噂れていたが300gのSparkが発売されたとがっかりした人は多数で、今回はいよいよ登場になった。では今回発売されたDJI Telloをご紹介していきます。
         
Video from Ryze Tech――Say Hello to Tello


スペック


  いつも高質で高価なドローンを販売し続けているDJIは今回、子供とドローン初心者に向け、軽量のトイドローンを発売された。
  スペックでは、Telloのサイズが98*92.5*41mm、3インチのプロペラと取り出し可能なバッテリーを含めた重量は約80gで、改正航空法の規制対象(200g以上)外となる。最大飛行距離は100m、最大飛行時間は13分で、最高速度は秒速8m。室内の飛行なら十分です。


  操作方式では、スマホのアプリを利用して、無線LAN経由で操作が可能。専用アプリを使って、ワンタッチフライト機能も搭載。手の上から空に投げさすと自動で起動、360°ぐるりと回転しながら撮影したり、フリップさせたり、衝突検知システムのおかげで、障害物コースを通過することなど、いろんな遊び方がある。


  Intel 14コアのMovidius Myriad 2 VPUを搭載、五つのセンサーからリアルタイムデータを受信する。またDJIの飛行安定技術も採用して、スマホとの接続を途切れるまた電量が不足になると、安全的に自動で着陸する。また専門なドローンコントローラとVRヘッドセットを接続することもサポート。子供やドローン初心者でも快適な飛行を楽しめる。


  720P/30fpsで撮影できるデジタルカメラを搭載しており、500万画素の撮影も可能。ジンバルなしなので、電子手ブレ補正が対応、効果は未知数。それにすごく便利なのは、撮影データはドローン本体ではなく、直接的にスマホ側で保存する。


  コーディングシステムのScratchでプログラムも可能で、事前にパソコンでプログラムを組むことで自由に飛ばせることができ、多様なパフォーマンスにも使えるので、初心者だけでなく、すべてのドローン愛好者にもわくわくになる機能だと思う。


  この軽量小型トイドローンTelloは今、DJI Storeで仮予約受付が始まった。リンクと詳しいスペックのリンクはコチラ。税込で12800円で買える。それに、海外通販サイトにも仮予約が開始で、気に入るなら、さっそくチェックしてみましょう。

DIBEA C17コードレスサイクロン式掃除機のレビュー――汎用性・軽量・静音性・コスパ…メリットばっかり

  昨日にはPUPPYOOからの最新製品PUPPYOO WP511自立式2 in 1スティック掃除機のレビューを更新しました。今日の主人公は、また一つアマゾンに「高コスパ」「大吸引力で軽量」「使い易い」と客を好評され、中華掃除機メーカーのDIBEA が昨年に発売のDIBEA C17コードレススティック掃除機だ。


スペック(PUPPYOO WP511と対照して)


良かった

  • コードレスで便利

  PUPPYOO WP511と同じく2200mAh内蔵バッテリーを採用して、メーカーの測定によって、4時間をかかるとフル充電で通常モード下には45分連続使用可能です。コードレスで邪魔にならずにどこでも手軽に掃除できます。


  • サイクロン式で、最大7000Paパワフルな吸引力

  遠心分離サイクロン式、最高真空度7000Paで強力吸引が続け衰えず、高密度HEPAフィルターで、塵気を分離して、細かいゴミまでしっかりと吸い込みます。


  • 軽くて静かに

  のみ2.3㎏の重さで、吸引管とアタッチと、屋上や窓頂上の埃の掃除も、本棚や棚、カーテンの掃除も簡単。


  • 多様なアタッチメントを同梱、汎用性高い

  機体は軽くて小さい、スティックと分離して、多様なフラット口またブラシを簡単に入れ替えたらハンディ式掃除機に変身。多種な清潔ニーズを満たすことができ、一機多用。


  • 底開き式ゴミ箱、手を汚れなく

  ワンクリックでゴミ処理が完了、手に汚れされるのを遠慮不要。ゴミ箱は丸ごと水洗いできるから、お手入れ簡単で清潔に保つことができます。


  • 壁固定ロッド式で、収納も充電も便利

  収納また充電用の壁固定ロッドを附属、収納と同時に充電ができ、充電保護機能も対応。部屋の隅におけるから邪魔にならず、使いたい時にすぐに取り出せます。


イマイチ
  16000円ぐらいの価格を考えれば、残念なところはほぼないけど…集塵箱は0.35Lでちょっと小さすぎだと、これは一つ。


まとめ
  昨日ご紹介したPUPPYOO WP511と比べて、同じ吸引力・電池容量で、連続作業時間が長くて、より軽くて静かで、ゴミ箱のデザインも便利です。アタッチメントとして、多様な接続ブラシを同梱する点も魅力ポイント。それに価格は$40の差があって、予算はあんまり多くて、汎用性を望んでいる人なら、ぜひどうぞ。それに対して、家が大きくて家具も多い人にとって、掃除中によく家具を移動が必要があり、自立式掃除機なら大変便利だと思う。


購入法
  Banggood.comを経由して、$139.99で買える。コードレス掃除機を検討しているなら、さっそくチェックしましょう。

わずか2万円で買える自立式2 in 1スティック掃除機――PUPPYOO WP511掃除機のレビュー

  毎日家事に忙しなければならない主婦にとっては、便利で使い易い道具が一番重要だと言ってもいい。この点には、家用掃除機のメーカーもデザインと機能から製品の汎用性と便利さをますます改良してきた。
  今回ご紹介になるのは、もう布団クリーナーで日本にちょっと名が売っている中華メーカーPUPPYOOからの最新製品PUPPYOO WP511自立式2 in 1スティック掃除機です。


スペック


良かった

  • コードレスで便利

  2200mAh内蔵バッテリーを採用して、5時間をかかるとフル充電で通常モード下には30分連続使用可能です。コードレスで邪魔にならずにどこでも手軽に掃除できます。


  • 2 in 1デザインで、いろんな場所にも大活躍

  ハンドル部が本体から簡単に取り出し可能で、スティックタイプ、ハンディタイプの使い分けがすごく簡単。


  • 最大7000Paでパワフルな吸引力

  二重電機を採用して、それに短いエア通路デザインのおかげで、フィルターが目詰まりせず、最高真空度7000Paで強力吸引が続け衰えず、細かいゴミまでしっかりと吸い込みます。家掃除が楽になる。


  • 人体工学デザインとLEDヘッドライト付き

  人体工学に基づいたデザインで、手首の負担を軽減します。LEDヘッドライト付き、暗いコーナー、ソファの底も簡単に清掃することができます。


  • 自立式でいつでも「そこで」待機可能

  掃除中に椅子やモノをちょっと移動したい時、本体を立てたまま置いておけることができ、掃除がとてもスムーズです。


イマイチ

  • 本体重量は2.8kgとやや重めです…が、重心が低いのとヘッドブラシの推進力で、軽く前に押すだけ快適に掃除できます。
  • 本体の厚みがあるため、ヘッドの下など高さの空間の掃除では苦手です。
  • 同梱のアタッチメントがなしくて、汎用性が低い。


まとめ
  スペックから見ると、どう考えても4万円以上のスティック掃除機だろうと思いましたが、実際に海外通販サイトを経由して約2万円で買える。驚くべきなコスパと言ってもいい。やや不足な点があっても、同じくレベル製品の半分の価格だと考えれば納得できます。初めてコードレス掃除機を試したい人にはぜひどうぞ!


購入法
  Banggood.comを経由して、のみ$179.99(約20897円)で買える。それに、PUPPYOOは1月23日に初めてバングッドのブランドデイに上陸する予定です。クーポンと限定セールもご用意しているはずで、チェックすることをお忘れずに。

12000mAhバッテリー搭載、電池持ちの王――Doogee BL12000 Proのスペックチェック

  前には、Doogee BL5000のレビューにその「Be Long Time, Belong To You」と電池持ち機能を誇っているDoogeeのBLシリーズを簡単に紹介させた。昨年年末に、Doogeeはこのシリーズの最新型BL12000/BL12000 Proを公式的に発売させた。今日は名字通り12000mAhバッテリーを搭載たDoogee BL12000 Proのスペックを一緒にチェックしましょう。


スペック


良かった

  • 超大容量バッテリーを搭載、電池持ちが長い

  Doogee BL12000 Proは名前通り12000mAhバッテリーを搭載して、メーカー測定では42日の待機時間ができ、電池持ちに関しては、心配しなくでもいい。


  • 流行り18:9 FHDディスプレイ

  BL12000 Proは流行りの18:9 FHDディスプレイを採用して、洗練なデザインと組み合わせて、上品感たっぷり。


  • 高質CPU/GPUを搭載、高コスパで高性能

  SoCには、MediaTekのHelio P23 CPUを搭載し、GPUはハイレベルのMali G71 MPを配置、普段の使用にスムーズに応じることはもちろん、高画質ゲームにも快速動作できる。


  • 大容量ROM/RAMを配置

  6GB RAM/64GB ROMの組合せでは、日常使用に十分なスペックで、空間食う写真や映画を気軽にダウンロードしても構わない。上レベルとして6GB RAM/128GB ROMも用意して、ご用に合わせって選べればいい。


  • デュアルリアカメラ+広角フロントカメラ

  16万画素のフロントカメラは130°広角レンズで、団体写真にも困ることなくなり、デュアルレンズのリアカメラもより良い撮影体験を捧げます


イマイチ

  • NFC機能なし
  • 300gの重さでちょっと不便
  • 12V3Aの快速充電が対応しても、フル充電なら4時間もかかる


購入法
  まだ購入リンクがないだが、banggood.comを参考すれば、のみ$309.99(約35873円)で買える、まだ「On Alert」ボタンだけで、押すと在庫した次第すぐ知らせが届きます。気に入るなら、さっそくチェックしてみましょう。

Doogee S60の超強対抗馬高質タフネススマホUlefone Armor 2のレビュー

  前回は「Flagship Rugged」の代名詞として、高質低価なDoogee S60を皆さんにご紹介させていただきました。タフネススマホを購入したい人にとって、Doogee S60以外には、その対抗馬――Ulefone Armor 2も検討する必要があります。
  ならば、今日はこの二つほぼ同じくスペックの高コスパタフネススマホを対照して、Ulefone Armor 2の性能・スペック・価格を一緒にチェックしましょう。


スペック


良かった

  • IP68防水・防塵性能

  Ulefone Armor 2はDoogee S60と同じくIP68防水・防塵性能で、完全的な防塵・水面の下撮影可能。

  • アウトドア向けてプリインストールのアプリ

  Ulefone Armor 2にはアウトドア向けの多様なアプリをプリインストールしておいた。コンパス、GPS定位と心拍計だけでなく、気圧や方位、さらに角度、建物の高さを測定できるアプリも。戸外運動愛好者たちにはおすすめ。

  • 大容量電池とPE+2.0 9V2A快速充電

  
Armor 2
には4700mAh内蔵バッテリーを搭載して、またMediaTekのPE+2.0快速充電技術に対応で、大容量電池で充電時間が長すぎという悩みもなくなった。

  • 高性能なCPU/GPUと大容量ROM/RAM

  性能では、Ulefone Armor 2のSocはMediaTek Helio P25、最大2.6GHzオクタコアCPUで、さらに6GB RAM LDDR4と64GB ROMを搭載し、SDカードで最大256GBに拡張可能。読取と読取や書込が一層高速になっただけではなく、先進的な工芸により省エネルギーです。

  • ドコモのプラチナバンドB19には対応

  Ulefone Armor 2はDoogee S60と同じく、ドコモのプラチナバンドB19には対応して、日本の山間部や郊外をサポートになって、アウトドアでかなり活用できる。


不足点

  • Doogee S60と比べて、撮影機能の劣るが明らかです。


まとめ
  Ulefone Armor 2は5インチフルHD解像度ディスプレイを搭載した、IP68防水防塵のタフネススマホです。SoCにHelio P25を採用しているので、ミドルスペックです。RAMは6GBでストレージは64GB、そしてバッテリーを4700mAhも搭載。日本には山間部や郊外に汎用しているドコモバンドB19も対応、アウトドア専用機でも普段の主力機でも十分だと思います。価格もかなり高コスパで、検討する必要が高い。


購入法
  Banggood.comから購入すれば、$239.99(約27637円)で買える。海外通販サイトで、在庫量と価格の変化が激しくて、気に入るならさっそくチェックしてみましょう。

大容量バッテリーFHD低価スマホDoogee BL5000のレビュー

  前回にはDoogeeからのスマホを二台を紹介させていただいた。「べぜルレス」とアピールしているMIXシリーズの代表Doogee Mix 2、また「Flagship Rugged」と誇っているDoogee SシリーズのタフネススマホDoogee S60。
  今回は大容量バッテリーを搭載して、BLシリーズの一つ、 Doogee BL5000を一緒に見てみましょう。


スペック


良かった

  • 超大容量バッテリー

  Doogee BLシリーズの最大の特徴は、大容量なバッテリーを搭載している点です。Doogee BL5000が5050mAhの電池を配置、一般的な5.5インチ
スマホ
なら、バッテリー容量はほぼ3000mAhぐらいで、BL5000のもちに関しては、心配しなくでもいい。


  • 普段使いには問題ないCPUを搭載

  BL5000のCPUには、MediaTekのMT6750Tが搭載されています。前回ご紹介されたDoogee Mix 2搭載されているHelio P25に比べると劣るものの、日常使用にはスムーズで動作の遅くは全然感じることはない。


  • 十分なメモリとストレージ容量

  BL5000は4GB RAM/64GB ROMを配置して、複数のアプリを起動しても動作が遅くなったりすることはない。容量食う写真や映像を大量にストールでも、十分なストレージで足りなくなることはないはず。


  • 急速充電対応でもっと便利

  12V2A急速充電技術のため、10分で40%まで充電可能。バッテリー容量が大きいと、充電完了まで長い時間をかかるかもと気になるなら、心配は不要です。


イマイチ

  • バッテリー容量が大きいその分、重さが200gを超え、210gになってかなり重い。
  • SIM二枚とTFカードは排他利用の点もご注意する。
  • ドコモ系とauにはほぼ非対応の点には注意が必要です。


まとめ
  基本性能と電池持ち機能から見れば、なかなかコスパが高い端末だと見られます。しかしデメリットも鮮明で、無視することができない。とくに日本には対応周波数が少なくて、実際に利用できるエリアは狭いとなった事実も注意が必要です。トバンク・ワイモバイル回線のSIMの利用している人にとっては、大容量バッテリーを搭載、ミドルレベル性能を配置し、サプ機としては検討をおすすめします。


購入法
  中華通販サイトbanggood.comには1月1日から8日まで限定セールで$145.99で買える。約16800円で、大容量バッテリーと普段使いには絶対問題ないCPUを搭載して、指紋認証またデュアルカメラ配置したスマホが購入できることは、間違いなく価格以上の満足度を収めます。さっそく購買リンクをチェックしましょう。